銀行系サービスにおける資金繰り改善のポイント

MENU

銀行系サービスにおける資金繰り改善のポイント

人気の消費者金融を利用してみた(女性/40代)

私が選んだのは、世間でもかなり有名な消費者金融のサービスです。テレビでもCMをやっている会社で、借り入れを決めた時には家族に見つかってしまわないか不安でしたが、ネットキャッシングが利用できたので、誰にもばれずに利用できました。借入だけではなく、返済まで安全にでき、金利も予想していたよりもかからなかったので今はしっかり信頼できています。利用限度額内であれば何度でも利用できるということで、更新期間までは安心して頼れそうです。

 

生活費の滞納などもしないようにしており、しっかり安全に利用できていれば増額融資をしてもらえることもあるようです。たくさん借金をするつもりはないですが、少しでも余裕のある借り入れができれば出費が一気に出てしまうときにも対応できるでしょう。

 

消費者金融ということで最初は不信感も大きかったのですが、メールでの対応や専任スタッフがついてくれて対応してくれ、非常に安心できました。女性のスタッフを付けてくれて審査に関する質問も気軽にできました。運転免許証のコピーがうまくできていなかった時も、どこがどうダメなのかしっかりと説明してくれてやり直しも安心してできました。

 

専任スタッフがいないサービスでは、鮮明でないというだけで不合格にされてしまうこともあるようで、良いサービスを頼れてラッキーでした。信用情報にも問題がなかったのですぐに手続き後に結果が分かり、返済日が近づくとメールでも知らせてくれました。メールで毎回返済日を教えてくれたので、自分でいちいち確認しなくてもしっかり把握でき、予定の管理もしやすかったです。

 

月末が返済日になる場合や翌営業日が返済日になるようなときにも事前の通知メールがあったので間違うことなく支払いできました。審査はそこまで厳しくはなく、比較的優しかったように感じます。大手のサービスはやはり信頼できるといってよいです。

 

銀行系列のキャッシングは審査が甘い

消費者金融の会社名に注意

大手の会社に似ている消費者金融や、他の会社と似たような社名の消費者金融も多くあります。そのすべてに悪意があるかどうかは不明ですが、勘違いをしてしまう場合もあるため、注意して頼るようにしましょう。審査が甘すぎる場合には安易に信じて利用せず、少しでも安全に返済までできるような会社を選ぶ必要があります。

 

銀行系列のサービスでもキャッシングと名前のついているサービスは利用限度額が低いサービスも多く、審査での手間も少なくあまり難しい審査にもならないことが多いです。利用するときには会社名と住所までチェックできれば特にネットキャッシングで危険な思いをすることはないです。銀行系列のサービスではその会社の詳細まではっきりと書かれているので、会社のことがホームページから調べられるかどうかも確認しましょう。

 

サービス名と提供会社名をチェック

キャッシングやカードローンのサービスは広告や宣伝しているときの名前と実際のサービス名、商品名が異なる場合があります。さらに、保証会社の名前が概要書面にあるものと異なっている場合もあります。下請け会社や子会社などだからと理由でも、最初にその記載がなかった場合には他にも伝えていない項目がある信用できないサービスだと思いましょう。

 

公にして伝えられないほどのものということなので、急に提供会社の名前が変化したり、よく分からなく説明にも書かれていないサービス名だった場合は一度契約するかどうか再検討しましょう。どんなに大手の会社であってもそうした点は後々問題になるので、説明不足が出てくる場合には信用してはいけません。契約においては提供する側に説明義務があるため、それらを怠っていた場合には詐欺まがいの行為になります。

 

保証会社も気を付けておくと安全

安全なサービスだと信用できても保証会社は変わってくる可能性があることは理解しておきましょう。機関保証は1社だけでなく2社用意されていることもあり、どちらかの会社の審査に通過できればよいというようなサービスもあります。危険のない会社で指定の保証会社の子会社が記載される場合も地域によってはあり得ます。

 

本契約前の書類にはそうした情報も記載されているので、契約前後に差異がないかしっかりと確認しておきましょう。ほとんどのサービスで問題はないですが、まれに理にそぐわないサービスもあるので、危険なサービスを利用してしまわないように危機管理もしっかりとしておきましょう。